活動報告

feelabo発足の軌跡
A.「何にでも挑戦してみるのが僕たちBe-laboです」
  という返事を、とりあえず出してみた。

「ありがとうございます」
返事が来た。
そしてその後、詳細が報告された。
仕事の依頼が来たのだ。
4月号の企画のための八戸での取材についてだった。

正直な所、焦った。
取材のノウハウなんて、ほとんど無い。
ラジオの取材は、アンケートや
ポータブルMDプレーヤとマイクを片手に、
ちょっとしたインタビューを、それも素人丸出しで行っていたのだ。
だが、今回はビジネスの一端である。
記事にするにあたっては、
インタビューをして、メモ書きもして、撮影もして、原稿も書いて・・・
これらをきちんとこなさなければ、
編集者の人たち、読者の人たち、そして、
多くのお店の人たち、協力者たちに迷惑をかけることになってしまう。

すべてが、今までにない経験だ。
「出来るわけがない。」
「やめるなら今のうち。」
という多くの不安と、
「やりゃあできる。」
「やる前に諦めるな。諦めるならやってみてからにしろ。」
という意欲がぶつかりあった。
決断は、今しかない。

<選択肢>
A.「僕たちには、プレッシャーが重すぎるようです。」
  一度、お断りの返事を出すことにした。


B.「一度、お会いして話しましょう。」
  本部へと乗り込むことにした。



選択肢をお選び下さい。