活動報告

ラジオ番組制作のため、会議・研修を行う
某日

まずは顔合わせ。
お世話になるBeFM局長と、担当のスタッフ横田さん。
「初めまして。」「よろしくお願いします。」

初顔合わせ
一番始めは、メンバーの面子が足りません。

その後、局内を見させてもらったり、

CD
さすがに、CD・MDがたくさん常備されております。

収録スタジオ(第2スタジオ)に入って機材の説明、

スタジオ
自分たちもここで、番組づくりをする事になるのです。

実際に放送している生番組も見学させてもらいました。

プロの仕事
プロの仕事を拝見。

番組観覧
自分たちの番組もこうするのか、どうするのか、
ビジョンを描く参考にする。



後日、大方のメンバーを揃えての打ち合わせ。

打ち合わせ
各自の名札を手作り。
その後、FMラジオの仕組みや番組制作の流れを勉強。


次は、第1スタジオで放送中の番組を見学。
今後の研修のためにも、ドアを開閉するタイミングの取り方を知り、
一人で放送する生番組でのパーソナリティの仕事を学ぶ。

見学
ニュース原稿やリクエストの読み上げ、選曲、各種機材操作・・・
全てを一人でこなす様子に、目は釘付け。



さらに後日、会議室で卓とデッキ(CDやMDを再生・録音する機械)の組み方を、
二人ひと組で交互に研修する。

実習
卓とデッキとをケーブルでつなぐ作業。
入力・出力の意味がわからないと、なかなか把握できません。


大体が把握できたら、今度は収録スタジオへ。
実際に自分たちが使うことになる卓を前にして、
収録時の扱い方や卓の操作を学ぶ。

実習
ヘッドフォンをつけて音を聴きながら・・・
実習
卓の操作とデッキの扱い方、連動の方式を学ぶ。
実習

卓
これが卓。つまみがたくさんあるが、
それぞれマイクやCD・MDの音量調節をするために使う、
と考えてもらって差し支えない。


「習うより慣れろ」
実際にやってみるのが一番、ということで、
代表者が機材を操作してみることに。
挑戦者は、まっち。
果たして上手くできるのか?

実践
大方の予想通り、まっちは混乱中。

まあ、上手くできなくて当然。
もっと勉強しよう、と心に誓うメンバーだった。


7月〜9月

3ヶ月の間、水曜日の夕方はAD研修、
金曜日の夜は番組の見学・参加を体験。
どちらも生放送で、その緊張感たるや並み大抵のものではない。

ちなみにAD研修では主に、
・リクエストの受付
・ニュースの確認
・電話による交通情報の確認
などの仕事を手伝わさせてもらった。

スタッフの方たちには、ご迷惑ばかりおかけした。


ウィンドウを閉じてお戻り下さい。